公園を楽しもう!

瑞穂公園内行為にかかる注意事項

 瑞穂公園は都市公園法に基づく都市公園です。公園内は、有料公園施設とその他の公園に分けられ、下記の事項について次のような規定がありますのでご留意ください。

有料公園施設とその他の公園について

有料公園施設

スタジアム(陸上競技場)、北陸上競技場、田辺陸上競技場、ラグビー場、ラグビー練習場、野球場、相撲場、テニスコート、レクリエーション広場

その他の公園

南児童園、東児童園、緑陰広場等

売店の出店について

有料公園施設の使用許可を受けた利用者が、競技大会等の参加者や入場者の便宜を図るため売店を出店しようとする時は、20日前までに『公園施設設置許可申請書』を提出し許可を受けてください。
なお、売店の出店には名古屋市都市公園条例による使用料が必要です。

使用料

使用面積10㎡/日5,000円

※①10㎡が最小使用面積です。
 ②10㎡以上は1㎡増す毎に500円の追加となります。
また、添付書類として設置場所図面、面積図、販売品目及び価格表、営業許可の写し(飲食物の販売等、保健所の許可が必要な場合)等が必要です。

広告物の設置について

競技会に伴って、有料公園施設内に広告物を設置しようとする時は、20日前までに『都市公園占用許可申請書』を提出し許可を受けてください。
なお、広告物の提出は名古屋市都市公園条例による使用料が必要です。

使用料

使用面積1㎡/日2,000円

また、添付書類として設置場所、表示内容、大きさ等のわかるものが必要です。

写真撮影・テレビ撮影等について

公園内で、職業として写真撮影またはテレビ中継、ビデオ撮影や映画撮影を行う場合は、20日前までに『都市公園内行為許可申請書』を提出し許可を受けてください。
なお、撮影にあたっては名古屋市都市公園条例による使用料が必要です。

使用料

写真撮影1人/日1,300円
テレビ・ビデオ撮影1件/日15,000円
映画撮影1件/日19,500円

※有料公園施設内を使用する場合は、別途施設使用料が必要となります。

その他の公園で行事を行う場合

集会、盆踊り、運動会等をその他の公園で実施するときは、『都市公園内行為許可申請書』を20日前までに提出し許可を受けてください。なお、使用にあたっては名古屋市都市公園条例による使用料が必要です。使用料の算定は、半日毎として行事によって異なります。

使用料(半日の使用料=1日の使用料×1/2)

集会、盆踊り、運動会等1㎡/日8円
品評会、審査会等 1㎡/日15円
大規模又は有料の競技会、展示会、博覧会等1㎡/日65円以内
(その都度市長が定める額)

仮設工作物の設置について

看板、カメラ台、櫓等を設置しようとするときは、20日前までに『瑞穂公園仮設物設置届』を提出してください。また、設置場所、仮設物の構造図等を添付してください。

その他

前記1~6に関する申請については、名古屋市都市公園条例等の規定がありますので、詳細は管理事務所にお尋ねのうえ、事前打合せを十分に行ってください。

また、売店の出店、仮設工作物の設置等を第三者に委託する場合は委託先ご担当者も同席を願います。